料理写真撮影研究家・料理からインテリア建築まで・ライフスタイルフォトグラファー 山下コウ太のダイアリー 毎日更新が目標です!
by BELLPHOTO
カテゴリ
全体
撮影
機材
ライティングセット
撮影会
出版物
モーニング
ランチ
写真会議
サパー
参考書
頂き物
写真教室
バケツ田んぼ通信
ひとり写真会議
プライベート
遠距離ドライブ
未分類
最新のコメント
先日は有難うございました..
by Mina,Kikuchi at 00:25
へへへさん モニターで..
by BELLPHOTO at 09:49
おおおお! 感動 あれを..
by へへへ at 10:04
ZAM20F2さん こ..
by BELLPHOTO at 10:03
はじめまして。「似ている..
by ZAM20F2 at 07:57
An incredibl..
by sacs longchamp at 10:21
いい日記だなー
by オフィスカドゥル at 10:18
tannsuikabut..
by BELLPHOTO at 09:33
パンいちー!
by tansuikabutuno1 at 16:09
☆SMZさん そうですね..
by BELLPHOTO at 23:00
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
検索
タグ
(184)
(107)
(98)
(50)
(42)
(35)
(21)
(21)
(17)
(10)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
フォロー中のブログ
a point of ...
料理研究家 今泉久美の山...
kota yamashi...
*ぷるはあと*
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
専門医が教える腎臓病レシピ

親父はいつも食べ過ぎる人でした。
そして週末には僕の同級生のご両親が営む農大通りのベーカリーで惣菜パンを沢山買い込むのが常でした。

もれなく鍋奉行で炭水化物中毒。晩年、当然ながら糖尿や腎臓も患いました。
親父の食生活は様々な制限により徐々に変わって行きました。

作る事も食べることも、もてなすことも好きだった親父は食事のたび自分に言い聞かせるように「最近はこの量でもお腹いっぱいになるんだよ」「塩気が少なくても味を感じるよ」と言っていました。
それは皆と同じ食事ができないことで、周りに気を使わせているのではないか?とかもしかしたら本当に美味しかったのかもしれませんが。


二十歳すぎて割とすぐに家を出てしまった僕は、そんな親父でも一緒に食事をとる時間がとても嬉しかったです。発病後は食卓を囲むことができる事をとても有難く思うようになりました。

病状は徐々に進み最後は僕が食べさせ、やがて固形物の摂取もできなくなりましたがやはり複雑ながらそんな時間も今では感謝しています。
まだまだ沢山食べたかったろうなと思います。

大好きだったお好み焼き、伊豆徳造丸さんの金目の煮付け定食、中華街などなど挙げればきりがないです。甑島の黒鯛の刺身はまた一緒に食べたかった料理です。
病気が見つかってから5年ほど、通院の付き添いや介護で僕は仕事をかなりセーブもしました。そして亡くなるまでの時間が早かったこと。

いろいろ考えてみると当時もっとうまく親父の人生をランディングさせることが出来たのではないかと思うばかりです。
話が個人的なものになってしまいましたが、親父のことで食生活について少しは考えるようになった僕に嬉しい依頼が来ました。
腎臓病食のレシピ撮影です。
病気のことで同じ悩みを持つ方々に何かやれることはないか?もやもやと考えていたところに写真撮影で貢献できる機会を頂いたのです。
西東社より「専門医が教える腎臓病レシピ」発売です。

a0161527_13590997.jpg
撮影は少しずつ半年かけました。
腎臓病は付き合って行く病気なので、当然この本とも長くお付き合いしていただくことを考えて写真は敢えて格好いいものではなくシンプルに美味しそうな光にこだわりました。
食事は楽しい事、ハッピーな時間。
新鮮味のない写真ですがどのページを開いてもハッとするような陰影。食べたくなるハイライト、作りやすそうなシンプルな盛り付けにこだわりました。

類書も沢山ありますのでどうぞ比べてみてください。

この本が多くの患者とそのご家族のお役に立てる事を願っております。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

a0161527_13590931.jpg
a0161527_13591006.jpg
a0161527_13590975.jpg
a0161527_13590907.jpg
a0161527_13590802.jpg
a0161527_13591062.jpg


[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-11-05 14:00 | 出版物 | Comments(0)
夢や愛が沢山詰まった玉手箱

a0161527_15262594.jpeg

編集作業の合間に塩むすびを作って食べてしまうほど、おにぎりが好きです。




文化出版局より10月初旬に「具ださんおにぎり」が発売になりました。


僕みたいに小腹が減った時や口寂しい時に口に放り込めるものから、夜食やパーティーモードまでおにぎりでフォローしています。




今回の写真でこだわったのは、手のひらに収まるほどの小さなおにぎり、その中に詰まった夢を空気感で表現することです。ページをめくるたびにときめきを感じられるようトーンにこだわりました。


他では見られない圧倒的に美しいおにぎりをご覧ください(自分で言ったよ、オイ)

a0161527_15273762.jpeg

a0161527_15275255.jpeg

a0161527_15281521.jpeg

a0161527_15282811.jpeg

a0161527_15284572.jpeg









.

[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-10-31 15:24 | 出版物 | Comments(0)
10月
a0161527_09074120.jpg
あっという間に10月も過ぎ去ろうとしている。
この秋は活発に日本をあちこち(大げさだね)撮影させてもらいました。
山形から始まり箱根へ、そして房総、湘南、新潟、佐渡へ
長らく旅をしたいと思っていたところへ次々と取材撮影の依頼が舞い込みました。
畑、温泉、山、海、いきもの、アクティビティ、食事、風景、人物。
ヌード以外のジャンルは全て撮影したのではないかと身体と機材を酷使した秋です。
今朝はゆったりとそんな機材をねぎらって磨くことから始めました。
睡眠もバッチリだし体重もベストに近いし体調も良い感じ。
これで次の撮影に万全です。

撮影をたくさんするということは、同時に出会いも多くなります。
今回も多くの新たな出会いがあり、言葉をかわすことでお互いの人生を追体験したような
自分の心の許容量が増えてゆくような幸せな感覚を覚えました。

身近なものを大切にして今自分にできることからコツコツ始めてみる。
頭では理解していたつもりだったけど、始めての風や空気をからだいっぱい吸い込む度に
自分に足りていない思考のピースがまた一つ埋まってゆくのでした。

充実した撮影のデータ編集の作業はこれまた楽しいもので、
心が触れるままにレンズを向けた結果を振り返るのは、さらに自分を理解するための復習です。

この冬に発表になるものから来年の夏にお目見えするもの
色々楽しかった時間をみなさんと共有できる時が待ち遠しいです。

間もなく立冬。
陽は短くなり冷え込み具合も一層深まるけど
ますます元気に調子を上げて、グッジョブ!


a0161527_09074133.jpg
a0161527_09074076.jpg
a0161527_09074069.jpg
a0161527_09074140.jpg
a0161527_09074107.jpg












[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-10-30 09:33 | ひとり写真会議 | Comments(0)
少しずつ秋めいてきましたね
a0161527_17585255.jpg
夏あたりから少し忙しくさせてもらっていて、ひょっとすると今が今年のピークかもしれません。
「やりたいことをやっちゃう人生のほうが断然面白い」を胸に2月頃からギアを上げてきたわけなんですけど
身体の限界と言いますかその辺も感じていて、これからはペースも考えていかなくてはいけないなと思っています。
でも早寝早起きは続けていきたいです。
(関係の方々には申し訳ありません。メールの早朝返信などご理解ください)

ここ数年考えていた取材撮影案件の受注も増えました。またクライアント様には写真を気に入ってくださりご指名もいただいて幸せこの上ないです。
仕事の写真との向き合いかた?撮影に取り組むときのスタンスにも変化があって、自分の写真の新たな領域と言いますか
センスの幅がとても広がったなと思っています。そして心に余裕も生まれています。

先日の年末発売予定の料理本の撮影では、大先輩のスタイリストさんと10年ぶりに。
以前は気付けなかった彼女のスタイルに自分が徐々に解放されてゆく感覚があって
現場ではいつもより自分らしくいられ、とても居心地の良い撮影になりました。

自分は自分
己を超えるのは己しかない。

さて今週は三連休
そんな事はどこ吹く風
西へ東へと写真を撮って撮って撮りまくっていますよ!

できるとこからコツコツと
たくさんのチャンスに出会えますように…









[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-10-07 18:22 | ひとり写真会議 | Comments(0)
進め!前へ! みちのくひとり旅
a0161527_17155627.png
男の道はひとり旅
女の道は帰り道
俺の人生 旅の途中
お前は今じゃ 夢の中

今回の東北取材はケチケチドライブ。
永ちゃんのCMみて感化され今年のスローガンを「やっちゃえ!」にしていたのを思い出し(そもそも忘れていたのは反省)思い切って下道で東北取材へ向かった。片道おおよそ470キロ、現地で100キロ弱走ると想定し全行程で1000キロのつもりでした。
走ったことない道をナビだけ頼りに走るのもチャレンジングだなと思いましたが、海に出たら引き返すぐらいのどっしりとした心構えであれば良し。
ただ、いきなり下道使おうと思ったわけではなくいろいろ考え抜いて出した結論でした。
単純に高速を使うと片道9,000円オーバーでガソリンも満タンで出かけて現地までで使い切る(エクストレイルはそうだった)感じなので都合2回満タンで2万円、交通費だけでざっと38,000円ほどの試算。これはバカ高いので改めて考えてみたわけ。ガソリン代を減らすわけにはいかないので高速料金を低く抑えられないかと、検索。
a0161527_17155611.png
で見つけたのが東北観光フリーパス。やったぜ!と詳しく見てみると事前申し込みが必要だと。
そして料金は
a0161527_17155615.png
むむむ!2日間利用で7,500円とな。これは安い。しかし(週末)てのが引っかかる
(後になって3日間利用で申し込んでも良さそうだったかな?と少し後悔)
a0161527_17155620.png
カレンダーを確認すると、はい、スケジュールにマッチしていない。これは残念。
今回は利用しなかったけど、こんなサービスがあること自体知らなかったのでまぁ収穫ありということにして。

あとはETC深夜料金を利用するどうなるか?0時から4時の間に出入り口のICいずれかを通過すると30%オフてやつ。これで5,000円ほど節約可能。
早くついて仮眠すればいいし朝風呂見つけて入るもよしなどと考えたが、所要時間が高速利用で6時間、下道で9時間とナビで出たので、だったら下道で行ってしまえと決めたのでした。

道中は片側3車線の産業道路(大型トレーラーとスリーワイドになってワクワクしたり)や南会津あたりの暗くて次のコーナーが読めない峠越え(4t車とすれ違ったり追っかけられたりドキドキ)そして、のどかな農道(即田んぼ転落の半舗装路、これも街灯なしでスリル満点)と、まるでWRC世界選手権でした。
おかげで全く飽きずに予定通りの時間で到着。取材は昼すぎに終わり(地元の方行きつけの昼食の中華がうまかった)帰りはのんびり、ひたすら下道です。

燃費はどうだったのか?トータル1019キロ走ってリッター17.9キロ。これは13年落ちの車にしては上出来ではないか?なかなかやるのおラフェスタ。でもラフェスタのナビは情報が古すぎて新たなバイパスとか嬉しい誤算も不安もありでした。やっぱりナビ頼みのドライブは精神的に良くない。
a0161527_17562372.jpg
実際にかかった時用はガソリン代約8,300円でした(2度の球児の平均価格を算出して試算)道中の飲食はいささか多かったように思うけどね。
疲労度はどうかというと、帰ってきて半日ほど経ってから疲れがどっときて目の焦点が合いづらいとかだるいとか、あとから感じるのはやっぱり歳なのかと。
でも「やりたいことやっちゃう人生」を実践してみたら失敗も成功もどちらも満足度は高かった。楽しかった。
遠距離ドライブは今後も使ってみようと思っているところ。以上


それでは今日も調子を上げてgood job!👍











[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-09-22 18:06 | 遠距離ドライブ | Comments(0)
The world of a dream
a0161527_18301212.jpg

夢のような世界観の本を作ることになりました。
今日はその撮影初日。

円陣組んで、気持ち合わせて声出していこう!

waku-waku!

太陽光、ストロボ、LED…
リソース全投入の気合入りまくりです!








[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-09-09 18:30 | 撮影 | Comments(0)
8月31日は野菜の日
a0161527_00555656.jpg

まぁ本当に更新のタイミングが遅くて今日の投稿も二日遅れになってしまった。
ということで8月31日は野菜の日、記念なのかなんだか他に大きな意味はなく
ペタペタと切り抜き素材を貼り付けただけなんだけど、どうしてもこれをやりたくて。

一見無駄に見えるこのような写真遊びも実はとても有効な作業で
自分の写真技術を振り返るとともにレタッチの具合やらオペレータの気分を少し味わったりと
楽しく勉強できる良い機会なんです。

切り抜き1日200点とかそんな仕事が舞い込んだらどうしようなどと考えながら
ペタペタと楽しい時間でした。

リフレッシュ!









[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-08-31 23:55 | ひとり写真会議 | Comments(0)
Lowepro ノバ 200 AWⅡ
a0161527_11024540.jpg
受注する仕事内容が少し変わってきたことで普段使いのカメラバッグも新しいものを手に入れた。
独立当初使っていた大型のショルダーバッグはLoweproのマグナムシリーズだったのだけど、それ以来のLowepro。
久しぶり。
以前はロゴバッチが付いていたんだけど今は刺繍なんだね、少し残念。
a0161527_11024539.jpg
このバッグを選んだ理由は背面にスーツケースの引き手を通して使うループが付いているから。
thinkTANKのエアポートエアストリームも使っているからカメラバッグの2段重ねでロケ移動も可能。
じゃ、同じくthinkTANKのものを選べばと思ったけど希望にそう製品がthinkTANKには無かったのだ。あったとしても価格が高いだろうから触手は伸びなかったんじゃないかな?これは1万円ちょいで買えてしまうんだから。
a0161527_11024443.jpg
フロントポケットはファスナーを全開にしてこの開口幅。必要にして充分。
これ以上開いてしまうと巻き上げたチリや砂などが侵入しやすいのでNG。肩がけの状態で開いても収納物が転げおちることも防げるんだろうな。
よく考えていると思う。
ちなみにこのファスナーは防水仕様ではない。
a0161527_11024452.jpg
天面の大きなふたはフラップ。一気に全開になり機材を取り出しやすい。
蓋うら側のポケットのファスナーは金属パーツが表に出ないようキッチリと処理してあって安心。内部で機材を傷つけかねないからね。
僕はあまり使わないけどLoweproのカバンにはメディアを収納するポケットが付いているんだけど、どれぐらいの人が活用しているか知りたいな。ポケットなど収納全ては使う人が工夫するものだから、用途を限定してしまうような表記は伏せた方がいいんじゃないかな?アイデアとしては伝えていいと思う。
a0161527_11024503.jpg
カバンの内部はグレー。
機材は黒色が多いのでキャップ類をカバンの中でなくすことがあるけど配色まで気をつかっているところも貴重。
あとグレーカードを忘れたしまった時も少しは役に立つかもね。
ということでここに貼り付けた写真はこのクッション仕切りでグレーを採ってみた。
ここまで出せればいざという時は抑えに使えるんじゃないかな。
奥のオレンジラインの部分には13インチのPCが収納できる。普段僕はここにA4サイズに作ったレフ板を2枚入れてる。
a0161527_11024554.jpg
ボディ1台、マクロ50と100、50単玉、24−105、クリップオン2台、その他アクセサリーを収納している。
このカバンの決め手のもう一つ、フードをつけたままレンズを収納できるサイズってのがある。
写真は逆付けだけど順付けでも収納できる充分な深さもあるんだよね。でもさすがに超広角ズームのフードは直径が大きく無理だよ。

a0161527_11024522.jpg
上からのアングル。スーツケースやローリングバッグに載せる場合を考慮してかサイドに飛び出たポケットがない。とてもフラット。
僕の場合、サイドポケットには水筒か文庫本しか入れないので本当は要らないんだよね、でもこのバッグも伸縮するポケットは付いていて500mlの飲料ぐらいはすっぽりおさまるよ。
それと実はこのサイズが他に使っているストロボケースとほぼ同じで機材庫にしまう時や台車搬入時にとても助かっている。
a0161527_11024508.jpg
前面のフラップ蓋にはポケットがある。ここは雨が侵入しにくいよう防水タイプのファスナー。交換した名刺やチケット入れとしても。
ここに文庫本を入れようと試してみたけどフタが重くなってしまいダメ。やはり資料など少量の紙類に限るのかな?
フロントのベルトを留めておけば上部のハンドルでも運搬可能だけどこれはあくまで補助だと考えたい。これを使って持ち上げるとカバンが原型を留めないぐらいにひしゃげるからね、あくまでおまけ。ショルダーベルトのリングには余裕があるからDOMKEのようなショートストラップをバット付けたいと思う。テープを通したり急な移動にも使える。スタンドにぶら下げてウェイトとしても使えるようになるんだもん。

カメラバッグは一つで全ての要求を満たしてくれるものは無い、と言い切っていいと思う。
長く使って愛着がわくものも好きだけど、現場ではかなり酷使するから安価でできるだけ沢山の選択肢に出会いたいものだななんて。










[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-08-22 11:10 | 機材 | Comments(0)
内職撮影
a0161527_11024402.jpg

今日は内職から。

クリップオン1灯をボックスに仕込んで俯瞰撮影。
最近はソリッドな光が好きなんだよな。

機材もシンプルでミスもなく作業も早い♫











[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-08-21 11:02 | 撮影 | Comments(0)
smiling
a0161527_10501854.jpg
7月が終わる。
なんて言うと寂しい感じが大きくなる。

会いたい人がいる。
過ごしたい時間がある。
達成したい目標がある。

さて、来月も笑顔絶やさずガンガン突き進もう!
笑う門には福来る!










[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-07-31 23:50 | ひとり写真会議 | Comments(0)
あぁ…ひと月ぶり
a0161527_13283489.jpg

料理は作り手の全て。それまでの人生経験が反映されている大切な作品で、いわば作り手本人であると思う。

レシピブックの撮影で最も重要だと感じている著者のプロフィールカットの撮影。
著者近影、光と背景を丁寧に選び落ち着いてセンサーにキャッチしたい。

7月も末。
人物撮影はFUJIFILMがいいと感じている。











[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-07-20 13:36 | 撮影 | Comments(0)
都内スタジオにて料理撮影
a0161527_21143786.jpg
都内スタジオにて料理撮影でした。
クライアントには「28日は寝不足で身体が辛いかも…」とあらかじめ伝えておいたのだけど、撮影が始まってしまえば疲労感や寝不足なんてどこかへ飛んで行ってしまう。

夏のイメージの撮影はこの時期まで続きます。
今日はクリアなイメージと渋めのイメージと、料理のテーマ素材が1つなので夜や昼などのシーンを想定したバリエーションをつけて進めて行きました。

ところで今日は驚きの、そして嬉しい話を聞かせてもらった。
僕は僕でオリジナル、自信を持って進みなさい。と背中を強く押された気分。










[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-06-28 21:14 | 撮影 | Comments(0)
ライティングについて
a0161527_18040891.jpg

最近、太陽光や室内のあかりで撮影しているカメラマンが多いのか「暗い場所なんですけど撮影できますか?」と聞かれることがある。
でも大丈夫、余程のことがない限りどこでも撮影を完了できるスキルと機材を持っているのが私たちフォトグラファーだから。
それと感度さえあげればの最新のカメラに写し取ることのできない環境など、地上にはほとんどないのではないかと思う。

今日は夜のテーブルの雰囲気というオーダーだったのでそのライティング。暗い感じならばライティングはいらないのでないかと思うけど
例えば夜の屋外で、ふと足元に影が出ているのに気づく。するとそれは月明かりによるものだと解った時の感動。
夜のライティングってこれを擬似的に作ればいい。
今日久しぶりに少し作りこんでみたけど、ライティングの基本って一つ一つ組み上げていくことで初めて理解できるんだな〜と今日は復習にもなりました。
ちなみに今回のライティングレイヤーは5段重ねでした。










[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-06-09 18:18 | 撮影 | Comments(0)
フォトグラフの道
a0161527_09385044.jpg

昨日の打ち合わせで仕事写真と私写真の違いというか自分とそれぞれの関わりみたいなものがまた浮き出て見えてきたなと感じました。
例えば個展をやるとか写真集にまとめる事とミッションとしての活動、両者はまるで違っていて、頭では解ってはいるものの言葉にしようとするとなかなか難しかったんです。

仕事の写真とは撮影とそのためのプロセスで、最終的な形がいわゆる写真(写真ファイル?データ?)であって、ひょっとするとたまたま写真やカメラを握っているだけなのかもしれない。
一方、プライベートでシャッターをきることはその時々の気持ちの揺らぎを記録する事であること。
感動やときめき、またはビビビッときた時、想いを留めたい時などなど。

よく言われるんだけど「仕事と趣味が一緒でいいですね」っていうあれ、実は完全に的外れなんだよなと改めて。

だけど仕事としてカメラを握ることを選ばなかったらプライベートで写真を撮っていたかな?と考えるとね、
うん、まぁ趣味も仕事も一緒なのか。
とまぁやっぱり色々はっきりはしていないのかなw

昨年依頼をもらった今案件は依頼のされ方もちょっと曖昧で(自分だけ?)
私写真を仕事写真にするというか、仕事写真に変換、編集するようなところがあって半年ほど撮影を進めたところで迷いが出ていたところ。

ここで会議を入れてもらって自分の思い入れを一切排除した目でざっと評価してもらってだいぶ軌道修正できました。

エグルストンやイチローの言葉の意味も少しわかるような気がしてきて
スッキリとしてきたところで午後は20分ほど肩慣らしに少し写真を撮った。

しかしこの写真はある程度計算して撮ってしまい、
私写真とも仕事写真とも言えない気分の半端な写真になってしまったのは残念なところで。。。

(苦笑










[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-05-29 09:38 | ひとり写真会議 | Comments(0)
今日のうちに明日の準備。毎日が遠足みたい
a0161527_23391040.jpg

ロケ用ストロボのレフレクターの手直し。
こうやって少しずつ自分にぴったりの機材になる。

明日の機材を用意して眠ります。











[PR]
# by BELLPHOTO | 2018-05-17 23:42 | 機材 | Comments(0)