料理写真撮影研究家・料理からインテリア建築まで・ライフスタイルフォトグラファー 山下コウ太のダイアリー 毎日更新が目標です!
by BELLPHOTO
カテゴリ
全体
撮影
機材
ライティングセット
撮影会
出版物
モーニング
ランチ
写真会議
サパー
参考書
頂き物
写真教室
バケツ田んぼ通信
ひとり写真会議
プライベート
未分類
最新のコメント
先日は有難うございました..
by Mina,Kikuchi at 00:25
へへへさん モニターで..
by BELLPHOTO at 09:49
おおおお! 感動 あれを..
by へへへ at 10:04
ZAM20F2さん こ..
by BELLPHOTO at 10:03
はじめまして。「似ている..
by ZAM20F2 at 07:57
An incredibl..
by sacs longchamp at 10:21
いい日記だなー
by オフィスカドゥル at 10:18
tannsuikabut..
by BELLPHOTO at 09:33
パンいちー!
by tansuikabutuno1 at 16:09
☆SMZさん そうですね..
by BELLPHOTO at 23:00
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
検索
タグ
(183)
(97)
(86)
(43)
(40)
(34)
(21)
(21)
(17)
(10)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
フォロー中のブログ
a point of ...
料理研究家 今泉久美の山...
kota yamashi...
*ぷるはあと*
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
しばらくの間はこんな機材でした
a0161527_22493160.jpg

で、RIMOWAに何を詰めていたかというと写真の通り。
(料理のジャンルのよってディフューザーは変えているけど)
飲食店で料理単品撮り・店内外観・雰囲気を活かした人物写真を撮影した。

スーツケースを選んだ理由は、スタンド類を持ち運ぶために専用のケースに収納するとスタンド類しか入らない。しかしスーツケースに入れれば他にレフ板やら潰れては困る機材も収納可能。そしてローラー付きで現場に入るまでに肩の内出血も防げるのが理由。
展開するのに多少のスペースが必要になるけど、あらかじめネットで情報を得ておけば大丈夫。
最近の都内はどこを通ってもほとんど段差を気にせず移動ができるから電車移動も楽チン。
都心部、特に青山・麻布・銀座界隈はコインパーキング代もバカにならないから経費の節約にもなるよね。その浮いた分を少しでもギャラに乗せてもらえたら最高なんだけど。
まだまだ削減できる費用や要約できる機材もあるけどとりあえずはここまでか?スタンドを持っていかない方法を考えてはいるけど。













[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-06-11 22:49 | 機材 | Comments(0)
あるある
a0161527_11591960.jpg

事前のwebロケハンで予想をつけて(当日対処可能なレベルなんだが)クリップオンにはアンバーフィルターをかけました。これで色のバランスは大体ハマったかな?
テレビなどで見かける大相撲の土俵近くでフラッシュ撮影している方のあれと同じですね。
今回は環境光メインで、人物の顔に不要な影が出て鬱陶しくなるのを回避するために補助光を用意しました。
こんな風に私たちは、自然な感じに見せるため不自然なことに日々注力しているのです。

a0161527_12373376.jpg
撮影時間は1時間で料理関係11カット、人物5カット、その他3カット撮影となれば撤収時間が厳しくなるので
編集さんが機材をたたむお手伝いしてくれました。と「こうなるよね」の図。
機材と料理の混在は怖い。











[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-29 23:49 | 撮影 | Comments(0)
金曜労働ショー
a0161527_10072517.jpg
a0161527_10072546.jpg
a0161527_10072632.jpg
a0161527_10072655.jpg
a0161527_10072643.jpg
a0161527_10072737.jpg
a0161527_10072701.jpg
a0161527_10072753.jpg
a0161527_10072706.jpg
最初のレリーズから最後のレリーズまで15時間。
1800回も押したのに後で気づくほど無我だった。












[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-26 23:06 | Comments(0)
米どころへ
a0161527_23033636.jpg

今日は移動日。
カメラはm43をメインにした。
MacBookも置いてきた。
余計なものは持たない。
明日は感覚だけを頼りに撮ろう。

なんちゃって。
半分はリスクを避けたいからだよ

今日はiPhoneから投稿









[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-25 23:01 | 機材 | Comments(0)
記録
a0161527_10343681.jpg
メイン光源にモデリングライトを付けてみた。おおよその光軸だけわかれば、と。
これにリフレクターがつきます。










[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-24 23:34 | 機材 | Comments(0)
ISO1600での描写テスト
a0161527_00264446.jpg
どの程度の感度がぎりぎり使えるのか?のテスト。
E-M1は200と400では大した差はないので、それより欲を出して1600まで上げてみる。
ライブ感もあって良い写真だろうからこれでもいいかな?

350グラムの野菜をたっぷりタンメン食べながら、来週の撮影のシミュレーションもしてしまえってわけでタンメンをパチリ。
事前に知っていればいいけど、直前でのこの撮影内容の変更は正直言うとやる気が失せます。










[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-22 23:34 | 撮影 | Comments(0)
E-M1のファインダー像消失時間はかなり大きな問題だ。
a0161527_00264410.jpg

一日中炎天下。
その暑さは足元からも、靴のソールが薄いのか足の裏が焼けるように熱かった土曜日。
今日は2リットルの水を飲んだからね。










[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-20 23:33 | Comments(0)
いつまでたっても減らないのはお腹の脂肪と忘れ物。
a0161527_00082326.jpg
とても厳しそうな取締役の方から「かなりきっちりしてるね。機材をみれば仕事が丁寧かどうかわかるよ」
と褒めていただき少し浮かれています。

そんな今日ですが、COMETのRS発受信機のケーブルをうっかりデスクの上に忘れてしまい焦りました。
けど昨日まで使っていたi40を思い出し、スレーブを利用して発光させました。
なんとか使えて無事撮影できましたとさ。











[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-19 23:12 | 撮影 | Comments(0)
風のように撮りたい
a0161527_07335928.jpg
昨日の撮影では久しぶりに「シャッター音が静かですね」と言われました。
京セラ時代は「美しい音ですね」や「軽やかな音ですね」など嬉しいお言葉(自分で作ったカメラじゃないけど)を頂く機会が多かった。
場合によってはガシャガシャとわざとらしく音を立てた方が印象が良いこともあるけど、そうでなければ個人的には静かな方が良いと思う。
今回はミラーレスカメラだからミラーショック音が無いので静かなのは当然なんだけどね。でも同じミラーレスでもSONYのαシリーズは音が綺麗じゃない。

2016年出版された本(撮影は一昨年)では地方取材時にOM-Dを使いました。
OM-Dはまだ購入したばかりで各種バランスをつかめていなっかたけど、テスト撮影も兼ねてどんどん使って行ったのでした。
この時の写真が編集の方に特に好評で、当時写真に迷いがあった僕は自信を回復することができました。
また師匠のNikonFM2のような小柄で少しクラシカルなボディデザインも自分の中での「原点回帰」のつもりもありました。

今月の案件ではOM-Dを多用するつもりでいるけど、1本の撮影が終わった時点でもう新しいレンズを欲しくなってしまった。
もっとシンプルに撮影できるレンズ、単焦点が欲しくなっています。

今日の一枚は庭に咲いたバラを家中の小瓶に生けたもの。散ってしまう前に摘み取って。










[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-17 23:33 | 機材 | Comments(0)
久々、取材案件
a0161527_10342497.jpg
今日の機材
カメラ・レンズ・フラッシュ・その他は thinkTank Airport Airstream
スタンド類は Manfrotto三脚バッグ90cm
レフ板・ディフューザー・MBAは karrimor の mars gear bag
三脚は諦めて持って行かなかった。重いので。

平らなものを背負うことにしたのは成功したなと。
尺のあるスタンド類は解決策がない。

来週の取材はショルダーかリュックかという判断はあと少し待とう。










[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-16 23:34 | 撮影 | Comments(0)
新しいパーツのテストデー
a0161527_10222654.jpg
頼んでおいた新しいフラッシュディフューザーが出来たので明日のためにテスト撮影をした。
望み通りの仕上がりだったのだけど、装着してみて初めてわかることもあるのでテストは重要だなと思う。
結果、サイズ・携帯性はバッチリ、しかし配光特性があまり良くなかったので明日は応急的に処置して使用することにしました。
制作段階ですでにスペック2になっているらしいいのだが、これまたすぐにファクトリーに戻ってアップデートの必要あり。
手間はかかるけど少しずつね。












[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-15 23:22 | ライティングセット | Comments(0)
25年ぶりに母校の通学路を歩いてみた
a0161527_17363218.jpg
本当に日記として

今日はハルの高校の保護者会でした。
一人で出席だったのでかつての通学路を使って向かいました。
はい、同じ学校に通っているのです。

25年前になかったものとして大江戸線。改札界隈のごちゃついたところは変わらず。
他の利用者にぶつからずにスイスイと抜けていくのは
当時F-1のスタート1コーナーまでの競り合いを想定して歩いたっけ

a0161527_17363356.jpg

丸ノ内線で変わったところは「西新宿駅」が出来たこと。
あの頃は窓の外の暗闇を覗くと、使われていない真っ暗な駅が突然現れて
ホラー感たっぷりだったのを覚えています。

a0161527_17274092.jpg
今では素敵にライトアップ?されていて怖くはありませんでした。
この駅は東京医大の下にあって
そういえばオヤジが入院中におふくろが使ったなんて話を思い出したよ

a0161527_17274071.jpg
中野坂上駅は大江戸線に乗り換えられるようになったので綺麗に大きくなった印象です。

a0161527_17363555.jpg
a0161527_17363596.jpg
ボランティア活動の郷友会の集合場所はこの辺りだったはず
制服着て中野坂上駅と周辺の掃除をするのは恥ずかしかったよ

a0161527_17363451.jpg
地上に上がると高層ビル群だらけ、見通しの悪い景色に。

a0161527_17363361.jpg
オリンピックは健在

a0161527_17363431.jpg
絶対通行禁止の道。先生が立って監視してたっけ。この先は女子高があるからね
当時男女別学だったから憧れもあったかな

a0161527_17264347.jpg
a0161527_17363412.jpg
通称「犬屋」甲斐犬専門の店。相変わらずやっているのかどうかわからない佇まい
梅雨時はかなり厳しい香りが…
正式名称は柳沢鳥獣店なんだってさ。

a0161527_17274209.jpg
縁のなかったトンカツ屋、健在。

a0161527_17264393.jpg
何人もの生徒が現行犯で先生に見つかったデイリーヤマザキはここだったか?

a0161527_17274225.jpg
a0161527_17264355.jpg
学校に着いちゃうなぁ…て見上げたアパートらしき建物もまだあったし

a0161527_17274189.jpg
毎週金曜日にギャラリーで埋まった階段。懐かしい。
午後ははけるんだよね、ギャラリー
卒業後覗き見できないように壁のような校門に改築されたんだよ

と、ここまで
この先は撮影禁止区域。

おしまい👣
(今日はiPhoneSEで撮影)











[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-13 18:11 | プライベート | Comments(0)
九段
a0161527_08485032.jpg

九段はおふくろの出身地。
ご縁があるのか仕事は神保町やこの九段界隈でお世話になることが多い。
写真学校も市ヶ谷だったからね(ちなみに写真学校の向かいはおふくろの母校だし)
千鳥ヶ淵や牛ヶ淵には桜の見所が多い。
「桜を見に行こうよ」とおふくろに誘われているけど、忙しいふりをしてもう何年も経つ。
今年も一人で写真を撮りに来たそうだ。

思いたったら行動に移ること
最低限少しの計画は必要だけど、時間は限られる。幅も奥行きもね。
でも行動に移るための準備ってすぐにはできなくて、これは日々の積み重ね。
やれることをひとつ一つ真面目にやっていこう。
やらないで後悔するならダメでもやっちゃう人生の方が絶対面白い
ってことで来年も元気に桜の季節を迎えられますように

a0161527_08484977.jpg

子供が大きくなってますます家全体のパワーが上がっている感じがする。
もちろん比例して消費も上がる一方だけどね
写真を撮りたい気持ちも上がっている。
料理フォトグラファーのキャリアで今が一番良い感じもする。
いつも現場にいたい。モニターに向かっているこの時間を思うとなおさらだ。

a0161527_08484940.jpg

GW中に知人の写真展を訪れた。
良い写真と売れる写真
これは同じものではないのだと話してくれた。
写真表現は写真ではない。芸術なんだと言う。
だからもっと自由でいい。リアルである必要なんてないんだ。
ある程度の反論はあるでしょうけど。

仕事写真と私写真と

a0161527_08553401.jpg

もう一つGWに高校生のオーケストラを聴いて思った事
ハーモニーってのは「和」、すべて合わさって一つを成す事の凄さを知った。
これは僕の料理写真にとってかなり革命的な出来事だった。
リアルのために失うものもあったけどもっと自由でいいのだ。
写真表現とは芸術なんだからストイックに貫き通すのも有りだしその逆も然り

今年はもっと自由になりたいと思っていた。
隠していた自分を表現する。
弱いところもさらけ出してもっと楽に自由になりたいと。
今年はもう3分の1が過ぎたけどこれからもっと自分表現を加速していきたい。
作品としても人としても。そしてもっと本当の自分で愛せれたい。

今日はこんなところ
相変わらず支離滅裂な文章は恥ずかしいね











[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-11 08:53 | ひとり写真会議 | Comments(0)
日々20170508
a0161527_10282979.jpg

「デジタル全盛になって撮影者の技量が低下した」なんてことをたまに目にする。

デジタルとフィルムの違いは何だろう?
僕が普段使わないニコンのデジカメを渡されて「これで撮影できるかい?」て言われたら答えはノーだ。

現在の撮影環境はカメラを含めて全てが複雑すぎる。
撮影結果はある程度予測のできる部分もあり楽にはなっているけどね。センサーや現像ソフトの性能・傾向さえ把握していればマネージメントすることは決まっているからね。

でも何かの不具合で撮影不能に陥った場合はカメラはもちろん、テザー撮影中ならパソコンまでチェックが必要だ。
下手したら復帰に5分かかることもある。撮影が開始できる状態までという意味ではスタートのセッティングも時間を要するよね。

フィルムカメラはフィルム入れてシャッターを押す。これで写る。ニコン・キヤノンでも、ジナー・トヨビューだって同じ。

シャッター音やドライブ音でカメラの調子も大体把握できる。調子が悪ければレンズ外すしてミラーボックスとレンズ絞りを確認、あとはバッテリーの交換ぐらい。すぐに復帰可能だ。
ただフィルムや現像という不確定要素がある。これは生モノでマネージメントが大変だった。
しかし現像が上がってドンピシャだった時の高揚感は最高だ。沢山の神経をすり減らして溜まった疲れはどこかへ吹き飛んでしまったよね。
「あと6分の1絞り開け」とかね。今よりもっとエモーショナルだったかも。

じゃ撮影がつまらないものになったか?といえばそうではない。撮影そのものは何も変わっていない。
撮るか撮らないか。

出会った物や事、人にときめく事ができるか、そしてシャッターを押す反応速度のある身体を維持できるかは変わっていないと思う。
技量はもちろんだけどイチバン大切にしていかなきゃならないのはそこだよね。
僕も意識して過ごさなきゃいけない。










[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-08 10:28 | ひとり写真会議 | Comments(0)
日々2017_05_05
a0161527_08484919.jpg

今月の案件の為に機材作成を発注しました。
まずは材料を持ってこいと言われ、買い物に吉祥寺へ。とはいえヨドバシではなくユザワヤ

頑張って働いて柏餅でも買って帰ろう










[PR]
# by BELLPHOTO | 2017-05-05 08:48 | 機材 | Comments(0)