料理写真撮影研究家・料理からインテリア建築まで・ライフスタイルフォトグラファー 山下コウ太のダイアリー 毎日更新が目標です!
by BELLPHOTO
カテゴリ
全体
撮影
機材
ライティングセット
撮影会
出版物
モーニング
ランチ
写真会議
サパー
参考書
頂き物
写真教室
バケツ田んぼ通信
ひとり写真会議
プライベート
未分類
最新のコメント
へへへさん モニターで..
by BELLPHOTO at 09:49
おおおお! 感動 あれを..
by へへへ at 10:04
ZAM20F2さん こ..
by BELLPHOTO at 10:03
はじめまして。「似ている..
by ZAM20F2 at 07:57
An incredibl..
by sacs longchamp at 10:21
いい日記だなー
by オフィスカドゥル at 10:18
tannsuikabut..
by BELLPHOTO at 09:33
パンいちー!
by tansuikabutuno1 at 16:09
☆SMZさん そうですね..
by BELLPHOTO at 23:00
こんばんは、そろそろ個人..
by SMZ at 23:25
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
検索
タグ
(178)
(89)
(77)
(36)
(35)
(32)
(21)
(21)
(17)
(10)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
フォロー中のブログ
a point of ...
料理研究家 今泉久美の山...
kota yamashi...
*ぷるはあと*
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
新案件
a0161527_13543636.jpg
今日から新しい本の撮影に入りました。
メインカット用とプロセス用とインスタントプリント用、計3台のカメラと5本のレンズを持ち込む。
万が一どれかが壊れても撮影を続行出来るように複数台、という理由もあるが。
プロセス用にはクリップオンを2台。
スペース的な事を考えて大きなセットを組まない方向で
本のテーマもやさしい感じなので、ここは威張らない撮影スタイルが合っていると思うのです。

そしてメインカットのライティングはタングステンです。
昭和か?












[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-30 23:00 | 撮影 | Comments(0)
日々2015_09_29
a0161527_14035489.jpg
明日からの案件の為にセンサー清掃など依頼に新宿へ。ついでにプロサービスの登録について、あるメーカーを訪ねた。
プロ会員登録なんて京セラしかした事ないからどうしても登録したいわけじゃないけども、しばらく使ってみたら中々良いカメラとレンズなので今回は考えてみたのです。
登録には様々な要件を満たさなくてはならないのだけど、ある程度の保有機材やクレジットの入った印刷物などと推薦人がいれば良い。ここでの推薦人とは、OリンPス グローバルプロサービス会員の事。他にもJPSだのAPAだのタバコかホテルみたいな寄り合いに所属されてる場合なども良いらしい。
けども一匹狼のような職業フォトグラファーにとってはこの推薦人がネックになりました。
担当者に写真を生業にしている証拠は幾らでもあるけど推薦人が知り合いには居ない事を伝えると「取引先の編集長に一筆もらえば考えても良いですよ」と。
しかし、編集長クラスの人にコンタクトを取って頭を下げて私的な事に協力してもらう為に一筆もらっても、それでも審査を通る保証はないわけです。下請け業社の僕としてはリスクの高い手続きです。
a0161527_14562355.jpg
担当者「ところで取引のある出版社どちらですか?大手で」と質問されたので、僕は「S英社さん、S学館さん…あたりですがご存知ですか?」と答えた。
それを聞いた担当者は少し混乱した様子で「(しばらく間をあけて)あの…カメラ雑誌などはお付き合い無いのですか?」ときた。
僕は虫や猫などを撮って生活しているのではなく、主に料理を撮っているので残念ながらカメラ雑誌とは付き合いがありません。
その後幾つか言葉を交わしましたが失念。
僕はアーティスティックな写真を目指すわけではなく、ただ道具として大切に使いたいと思ったから登録してもらえたらうれしいなと考えたので無理ならそれで良いです。
ここのカメラでまじめに料理を撮ろうなどと考えるフォトグラファーが全国に何人いるか?そう思うと僕のようなヤツを登録してもシェアの拡大など見込めるはずもないですしね。
a0161527_15001413.jpg
ここまで担当者は椅子にもたれかかって応対をしてくれたので、会員登録などどうでもよくなってしまった。
αなんチャラが出たらそっちに行くかな?












[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-29 22:53 | Comments(0)
搬入+30余カット撮影+撤収=1時間
a0161527_12534023.jpg
本当のお金持ちは買わずに手作りをしてオリジナルを楽しんでいるそうです。
が、私はお金持ちではないのでなるべく手作りをして楽になるよう勤めています。
と言う事で夜な夜なラーメンの空きカップを切り刻む父親の姿は子供らの目にはどう映ったでしょうか?
既製品を模してリフレクターを作りました。

今日の撮影はひと月前から準備を重ねた撮影案件でした。
許された時間は1時間と言う事。機材には悩みました。
そして今回はお財布を逆さに振って、特別に簡易スタジオを購入しました。これは手作りするより安かったからです。
a0161527_12532414.jpg
いくつか悩んだうち、エツミのドームスタジオはディフューズ素材が薄くフラッシュ直ではキツい演出になりそうだなと思いました。
そもそもがフラッシュ用ではない気がします。しかし展開の早さは随一だと思います。
ハクバのテジカメボックスは高価。ディフーズ具合は好みの部類でしたので残念。
LPLのウェブスタジオミニボックスは光源がセットなので却下。実はボックスとしては幾つか見た中でこれが一番でした。
あきらめてユポなど切り刻んで何か作ろうかと決断した時、ヨドバシの棚の奥の奥に見つけたのがLOASの撮影ブース3210円。
素材もまずまず、よく見るとLPLの製品と同じようだ。折りたたみ式のため背後からの透過光は使えいないけどひっくり返して工夫すれば何とかなりそうだ。いいや、そもそもが簡易なものだからこれでドリンクを撮影しようなんて考えないしね。
どの製品もディフューズ面と被写体との距離に制限が出来てしまうけども、安くて早くてそこそこ満足のいく写真が仕上がるから良い買い物だったと思う。

撮影は無事終了。













[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-28 23:14 | 撮影 | Comments(0)
第3回チアダンス日本選手権大会
a0161527_22351762.jpg
今日はこちらへ
サワのような小学生から70代のベテランまでが参加した第3回チアダンス日本選手権大会。
のんびりパンなどをついばんでから原宿駅で降りて歩いて会場をめざしましたが、第2体育館は第1の向こう側。かなり遠い。

a0161527_22404137.jpg
サワ所属のピーチは創設(2014年)以来初の大会参加と言う事で、保護者も緊張しっぱなし。
小学生未満のチームやママさんチームはエキシビション枠で出場でした。
よってライバルは少なかったのですが、ジュニアの部でサワ所属ピーチは大健闘しました。
成績発表時の耳を疑ったかのようなメンバーの表情は忘れられません。
見事3位。
ドイツの夢はついえましたが、また来年へ夢が膨らむ成果です。
大会直前の練習ではあまりの厳しさに倒れ込む子もいた模様、しかし今回の結果でまたひとつ楽しみを見つけられたかしら?
踊る事が大好きで集まった仲間たち、さあ!次の目標へ向かって出発です。

a0161527_22444120.jpg
ピーチジュニアのみんな、今日はおめでとう!











[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-26 23:44 | Comments(0)
もう週末ですね
a0161527_09261384.jpg
まるで海兵隊のようですが機材が多く雨が重なると前後にリュックです。

a0161527_09290931.jpg
先月の反省から今日は雲台をラショナルに換えました。
マンフロのギアヘッドはアングルの微調整をしやすいのが特徴ですが、重量もダイヤルも重く4日間の撮影で腕が悲鳴を上げてしまいましたので。
三脚もカーボンから重くて大きいG312を使用。途中V4unitは外しました。
三脚選びは大変難しいですが、ひとつ言える事は使う三脚で写真が変わると言う事ですね。
それとマクロレンズ三脚座とラショナル雲台の相性は◎、マンフロギアヘッドは光軸回転の際ボディと雲台が干渉してしまうので×

a0161527_09371740.jpg
本日は2時間押しで撮影アップ。
内輪の会議は会議室でどうぞ

さて明日の撮影準備

thinkTANK PHOTO Airport Essentials canon EF100/2.8macro velbon v4-unit gitzo G312 manfrottoギア付きジュニア雲台










[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-25 23:26 | 機材 | Comments(0)
祭りだけども…
a0161527_23492216.jpg
a0161527_23330685.jpg
今年の山車にはハルは乗っていないのでつまらない。










[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-24 23:57 | Comments(0)
祭りムード薄く
a0161527_09220794.jpg
毎年9月23・24日は近所の神社のお祭り。
今年も子供ばやしでサワ(おかめ)は参加、しかし新人も多数デビューでグダグダ。
ハルは受験を理由に自粛。
その他色々で個人的には盛り上がれない。
今朝庭にカエル発見。
E-M1、もっと写真撮って現像して傾向と対策を練りたい。















[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-23 09:21 | Comments(0)
ごまかしてロケハン
a0161527_10114228.jpg
世の中シルバーウィークで5連休の人もいるそうで、なんともうらやましい限り。
なんとかヤボな仕事をまとめて(まだ終わってないけど…)やってまいりましたロケハン。高校見学とかなんとか理由くっつけて飛び出したわけです。
12時オープンを目指してやって来ましたが開店は12時20分と案内。しばらく商店街をぶらぶら。
5分前に店頭に戻るとなんと行列、7人待ち。間もなく案内されてかろうじて座れました。
こう言う時は家族4人でも大所帯、ドキドキもんです。

a0161527_10113256.jpg
店の雰囲気、撮影環境、味、客層、店員さん。ロケハンは全て肌で感じる事が出来るのでやはり外せないですね。

夕飯の支度をしている時に「今日のお昼は久々においしかったなぁ。。。高野豆腐の揚げたのは最高だった」とハル。
ファミレスなんかもおいしいけども、唯一無二のオリジナルに触れる事はとても刺激的ですね。

しかし自分の仕事をしたいが為に適当にごまかして外出ってのはやはり気持ちがスッキリしないです。











[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-22 23:11 | Comments(0)
絵画の複写をすると思う事
a0161527_21575439.jpg
絵画の複写依頼を受ける。さて今回はどんな作品なのだろうか?どんなライティングにしようか?
絵画の複写はスキャニングではありません。作品の世界観や筆のタッチを損なわないライティングなど細かな感覚が必要な撮影です。

僕は学生時代唯一好きだった教科は美術でした。そしてほんの少しだけ油彩の経験もあります。
はじめのひと筆を走らせる大変さ、描く事の苦悩もわかるつもりです。

写真を撮る為に普段から心がけている事は戦略を立てる事です。
戦略とは戦いを略すること、なるべく簡単に戦いを終わらせる為の思考です。
僕の場合、ロケハンはその為にあります。
事前に相手の懐に入り、自分のフィルターを通して組み立て直す。
必要な機材、太陽の向き、機材を運ぶルート・所要時間などいくつかのデータを取る為にロケハンは欠かせません。

今日はロケハン失敗。
時間が間に合わず。
シルバーウィークの間に再チャレンジ実現するかしら?











[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-18 21:57 | Comments(0)
M.zuiko DIGITAL 12-40 f2.8 をひと月使ってみて
a0161527_09570287.jpg
「腕が辛い」以外にもいくつかの理由でミラーレスカメラを導入したのだけども、ここまでひと月使ってみて感じた事をさらっと書いておきましょう。

実は10月の本格導入が照準だったのだけど、結局は購入翌日に実戦投入となりました。
画質については実家にあったE-P1を借りて検証していたので、それよりも5年後の機種だからセンサーについては大きな不安はありませんでした。一つ挙げるとすれば如何にEVFに慣れるかと言ったところか。

今日はレンズについて。
ボディとセットで購入したレンズはM.zuikoDIGITAL 12-40 f2.8

7Dの標準ズームにしているSIGMA17-70f2.8-4。良いレンズですが絞り値の可変がネックです。
それに比べ価格は上ですが雨風の心配をしなくて良い小型の2.8通しのこの標準ズームはとても快適です。
パワーバッテリーホルダーを装着したカメラとのバランスも大変良く出来ています。
そして20センチまで寄れる近接性能(画質はさておき)フルサイズ換算80ミリで20センチですよ。
ボディの顔認識や瞳認識などとあわせて、レンズのフォーカスクラッチ機構で瞬時にAFとMFの切り替えが可能。これは撮影中に小さなスイッチを探す事なく切り替えが可能で、造りもチャチなモノではない。取材中おおいに助けられています。
AFの精度や利便性が上がったとしても、結局は思いのままにコントロール出来るMFは現場では必要ですね。
ピントリング・ズームリングともに操作感も上々。
カメラを方にぶら下げてレンズが下を向いても勝手にズーミングして伸びているなんて事もありません。
随所にPROレンズである事を感じます。
朝10時から夕方17時まで握り続けても疲労を感じない程軽いし操作が楽。
11月にもアップデートがあるようでこれも期待したいところ。
非常におすすめのレンズです。












[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-16 23:56 | 機材 | Comments(0)