料理写真撮影研究家・料理からインテリア建築まで・ライフスタイルフォトグラファー 山下コウ太のダイアリー 毎日更新が目標です!
by BELLPHOTO
カテゴリ
全体
撮影
機材
ライティングセット
撮影会
出版物
モーニング
ランチ
写真会議
サパー
参考書
頂き物
写真教室
バケツ田んぼ通信
ひとり写真会議
プライベート
未分類
最新のコメント
へへへさん モニターで..
by BELLPHOTO at 09:49
おおおお! 感動 あれを..
by へへへ at 10:04
ZAM20F2さん こ..
by BELLPHOTO at 10:03
はじめまして。「似ている..
by ZAM20F2 at 07:57
An incredibl..
by sacs longchamp at 10:21
いい日記だなー
by オフィスカドゥル at 10:18
tannsuikabut..
by BELLPHOTO at 09:33
パンいちー!
by tansuikabutuno1 at 16:09
☆SMZさん そうですね..
by BELLPHOTO at 23:00
こんばんは、そろそろ個人..
by SMZ at 23:25
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
検索
タグ
(178)
(88)
(75)
(36)
(30)
(28)
(21)
(21)
(17)
(10)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
フォロー中のブログ
a point of ...
料理研究家 今泉久美の山...
kota yamashi...
*ぷるはあと*
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
大好き!フレンチトースト
a0161527_08563759.jpg
数日遅れの日記など意味のない事はわかっています、言葉では。
久しぶりのトースト写真です。
日曜の朝はフレンチトーストにしました。家族は皆大好き。だけど温かいうちに食べてもらいたいと思うと、一度に焼ける数に限りがあるから作る人は一緒に食べられない。ホットケーキも同じ、オムレツも。
でも「美味しい!」ってニコニコ食べてくれれば、ね。

話はかわって
今、ただひたすらに写真を撮りたい。仕事もプライベートも。ずっと撮っていたい。カメラを握り続けていたい。ときめく風景、さわやかな風、べたつく湿度、懐かしい匂い、あの日の青色、愛する人、すべてファインダーにおさめたい。
撮る理由など無い。誰かに伝えたい写真があるわけじゃない。ただ撮りたい。
今年も半分終わってしまったけど抱く想いは未だ変わらず












[PR]
by BELLPHOTO | 2015-06-30 23:56 | Comments(0)
(訳ありの)M43、滞在中です。
a0161527_08540594.jpg
やました家では現在様々な角度から機材の処分を含めたシステムの再構築を検討中ですが、身内で唯一母親がM43を使っていた事を思い出しました。以前「壊れた」と言っていたのであらためて聞いて見るとそのまま保管してあるとの事。日曜日預かって来ました。
OLYMPUS PEN E-P1・M-ZUIKO DIGITAL 17/2.8・M-ZUIKO DIGITAL 14-42/3.5-5.6
どこが壊れているのかいじってみると、なんとレンズを装着すると背面液晶がブラックアウトしてレリーズ出来ません。これでは全く実写テストが出来ない。残念…
でも本当に壊れているのか?操作のややこしいこのカメラ、なにか設定が間違っている可能性(明らかに低いが)もあると思ったのです。

さて今日は、そんなこんなで写真展を観に行きがてら少し調査もして来ました。
a0161527_09165302.jpg
新しくできた新宿のオリンパスプラザ東京のショールームとギャラリー、そしてサービスステーション。そもそもユーザーが少ないのかC社やN社のそれと比べると来客は圧倒的に少ない。あれです昔、交通会館にあった京セラのプロサービスの様な感じ。ここオリンパスは原宿や有楽町よりも交通の便が良いので助かりますね。キヤノンも近い!(ニコンも近いけど)

持ち込んだE-P1はやはり故障。基盤ごと交換が必要だそうで概算で18000円。これが高いか安いか。基本的に新しいPENもOMもセンサーのサイズは6年前と変わっていません。画質が大幅に向上しているのかと言えば普段のスナップ程度ならば違いは感じない程度でしょう。ハイレゾリューションだの2ダイヤル操作だのって機能面では確かに魅力なんだけど。

仕事で使う方向ならば間違いなく新型機を選んで行きたいところですね。しかし買い替えてもセンサーサイズは変わらないって、考えてみると魅力的ですね。メインを中判機に替えて良いかもね、フルサイズ機とM43じゃ大きさに差があまりないし。中判といえば今リコーイメージングスクエア新宿にてPENTAX645Dで撮影された鈴木高宇さんの写真展が開催中ですね。やはり微細な描写。

オリンパスのサービスカウンターで担当してくれた方の説明は丁寧で解りやすかった、当然だけども。ただここでも買い替えと修理の選択について価格と新型機の魅力を含めた幾つかの提案があった。価格.comで目安となる金額まで提示してくれました。そして修理期間は今(月曜15時)預けると水曜日に完成引き渡し、これは早い!助かる!
でも今回はひとまず保留です。

実機テストが出来ないわけですけどひとつ気になり始めたのでネットで調べてみました、レリーズタイムラグ。

  • EOS-1Dx 0.036秒
  • EOS-5D 0.076秒
  • EOS-5DⅡ 0.073秒
  • EOS-6D 0.060秒
  • EOS-7D 0.059秒
  • EOS-40D 0.059秒
  • OM-D E-M5Ⅱ 0.044秒
  • E-P5 0.050→0.044秒
並べて見ると1Dxには及ばないものの秒間9コマ撮れてタイムラグは0.044秒って7Dよりも良い?ミラーレスの弱点であるタイムラグはもはや存在しない?あとはレリーズタイミングですがこれは撮影経験とカメラに対する慣れですね。AFについても実際に触れてみないといけませんね、レリーズタイムラグとは切り離して考えられない。
ちなみに最強スナップシューターRICOH GRのタイムラグは「極限まで短縮」とメーカーホムページにありました。詳しい数字は把握出来てません。











[PR]
by BELLPHOTO | 2015-06-29 23:00 | Comments(0)
ひたすら悩みの中
a0161527_06590840.jpg

まず「写真を撮りたい」ってのが前提にあります。いつでも写真を撮っていたい。全ての瞬間にレンズを向けたい。撮る意味、残した価値なんてどうでもよくて。ただひたすら今を撮っていたい。

a0161527_06590851.jpg
曽根原さんの写真展にお邪魔した時に「α6000よりもα7ですよ。だって6000はAPSサイズじゃないですか。」それ以来α7に興味が向いてました。このシリーズは確かにスペックの出し惜しみはない。もし導入するならば現有の5Dを中心とするシステムと総入換えもできる。
しかしミラーレスを考え始めたきっかけはカメラの小さな容積や連写性能など、今保有しているカメラに無いものを求め始めたから。将来的にミラーは要らなくなるかもしれないけども、ここ数年安定しているワークフローを全て捨てて新しいシステムで再構築し直すのは危険もあるし作業の量が多すぎるわけです。
a0161527_06590830.jpg
タムラックのショルダーバッグ606、買ったのは15年前。当時4万円ぐらいした記憶があるのだけど小さなバッグで使う機会がなくなってしまい何度も処分を考えました。どれほど小さいかと言うと、デジタル一眼れふボディー1台・レンズ3本・フラッシュ1台・小物・私物…この程度の量が入りきらないほどバッグは小さいのです。いやカメラとレンズが大きいのです。
a0161527_09000376.jpg
tamracホームページより

フィルムポケットやフィルターホルダーが付いていたりと設計の古さは否めませんが、バッグとして質感は最高。ミラーレスカメラを導入したらもう一度活躍して欲しいバッグです。そうするとα7シリーズは選外なのかな?

バッグが小さいのはDOMKEも同じなんですよね。FⅡはシリーズ中シルエットが最も美しいと思います。しかし、ついつい詰め込みすぎてパンパンになり機材の出し入れは辛いはコロコロになって不格好。せっかくのDOMKEの魅力を台無しにしてしまいがち。この場合もミラーレス機によってスマートさを取り戻す事が出来るかもしれません。
a0161527_06590851.jpg
今日の写真は全て EOS6D 100/2.8 macro L












[PR]
by BELLPHOTO | 2015-06-27 23:58 | 機材 | Comments(0)
日々0627
a0161527_08540564.jpg
RICOH GR

写真を撮りたい。のひと言につきます。
そして今日の空の写真は「今日も何も撮らずに日は暮れて行く」そんな焦りから無理矢理撮った写真です。











[PR]
by BELLPHOTO | 2015-06-27 23:53 | Comments(0)
CANON IXY DIGITAL 930 IS
a0161527_23435820.jpg
Canon IXY DIGITAL 930IS

今日のジョギングは井の頭公園まで足を延ばしました。往復で7.6キロ、1時間弱。呼吸も筋肉ももう少しイケる感じ。

せっかく外に出るのだからカメラを片手に携えたいものです。ジョギングがてら写真も撮れたら…と今日はオヤジが使っていたCanon IXY DIGITAL 930 ISを持って走りはじめました。

最近はミニチュア、ハイキー、ポスタリゼーションなどエフェクトを搭載したカメラが目立ちますが、こちら930ISは平成21年9月の発売、6年も前のカメラです。便利・お遊び機能は一切なく、JPEGで記録する事に徹したカメラです。
しかしそれに気付いたのは恥ずかしながら出かける前、どれどんな機能があるのか見てみようじゃないかといじり始めたときでした。

a0161527_23435882.jpg
ミラーレスカメラを検討中ですがこの930IS、小さなカメラでズームレンズが付いて、と今求める機能は満たされているかのように思いました。撮影は至ってスムーズでした。起動時間はα6000より速く感じます。
a0161527_23435851.jpg
描写については評価はしません。出先でズーム出来ることはやっぱり嬉しいですね。居合い切りのように広角1本でスナップするのも良いけど、その時々で撮りたいイメージは変わるもの。APS-CやMフォーサーズ機では手のひらに収まる、とは行かないものの手軽に持ち運べるシステムは仕事にも作品撮りにも欲しいなぁとあらためて感じました。いや物欲が高まったと言う事でしょうか?しかし手軽に持ち運べると言ってもやはりジョギングと一緒だと走りに集中出来なくなってしまいますね。











[PR]
by BELLPHOTO | 2015-06-26 23:52 | 機材 | Comments(0)
日々0624
a0161527_11042486.jpg
EOS7D 70-200/2.8Ⅱ x2

オヤジ転院から1週間。気持ちも落ち着いて来たようです。病院までジョギング圏内だからね、話し相手になりに通おうと思います。

さてさて、α7Ⅱを触って来ました。操作性はⅠ型より向上してますね。グリップ形状・レリーズボタン位置、指紋がつきにくい梨地塗装も良いです。価格差を考慮してもこのⅡ型を選ぶ事になりそうです。しかし一点だけ、シャッター音がどうしても2段階に聞こえてしまう。FUJIFILMのGX680より更にもたつく「ガシャシャ!」って感じ。これはどうだろう?小さくてフルサイズなのにCanon5Dシリーズより重たい。やはりこういったソフト面は家電メーカー故か。
SONYならば音にもこだわって欲しいな、と個人的には。

α6000、売り場や銀座のSONYに何度も足を運んで遊んでいますが徐々におもちゃっぽい感じがして来ました。(実写してみないと判らない部分もありますが)カメラとしては充分な性能でしょう。
もう少し待てば後継機やら上位機やらが出てくるらしいですが道具類の買い時は自分のタイミングで決めるものです。

しかしSONYのカメラは性能の出し惜しみがないですね。α7Ⅱはレフレックス機も含めて敵が見当たらない感じがします。高速連写はα6000にズームレンズ、α7Ⅱには単焦点を、
両肩にぶら下げれば撮れないものはほとんどなさそうです。











[PR]
by BELLPHOTO | 2015-06-24 11:03 | Comments(0)
ミラーレスカメラ導入記、はじめました。
a0161527_09194293.jpg
バジルの子葉
EOS6D 100/2.8macro

3日前に蒔いたバジルのタネが芽を出しました。昨年はゲリラ雹のおかげで全滅してしまったので今年は大きく育ててバジルペーストを是非楽しみたいです。

a0161527_09194255.jpg
レモンバームの花
EOS6D 100/2.8macro

今年になってから徐々にミラーレスカメラが気になり始めています。
なぜなら5Dの寿命が近い事、出張撮影の(最近は少ないが…)身体への負担を減らしたい事、RICOH GRの機能では気分が満たされない事、望遠や連射性能をシステム全体で高めたい事等が理由です。
実機で撮影してみて検証する機会などあるはずもないので、ただひたすらに頭の中で(支払いも含めた)シュミレーションを繰り返しています。

現在の候補としては
  • Sony α7Ⅱ
  • Sony α6000
  • Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ(名前が長い)
Fujifilm XT-1とPanasonic GX-7も当然気になるけども「FUJIFILM」「Lumix」ってのが正面に白文字であまり格好よくない。僕はカメラを買ったらまず白いロゴを黒く塗りつぶすので気にする事ではないのかもしれませんけども。
レンズのラインナップは各社とも一長一短に感じるのでこれも選択の壁です。

Sony α7Ⅱはフルサイズセンサー機なので、将来的には料理写真撮影もこなせるだろうと思っています。
現在のメイン機5DⅡの領域までカバー出来ますね。
フルサイズ機なのでオールドレンズも使いやすいため、眠っているY/Cマウントレンズも生かせます。が、すでに60Makroは手放してしまったのだけども。
α6000は単純に連射速度にほれています。APS-Cセンサー搭載で、ほぼ全面でAFが効く、しかも世界最速で、本体6万円。小さなボディは自分の作品撮りにとても取り回しの良いサイズ。
ただα7Ⅱもそうだけど、防塵防滴については「配慮した設計」とゆう書き方。これは他社の「防塵防滴性能を実現」「強靭な対環境性能」と、どの程度の開きがあるのかはSony機を選ぶ際の重要な基準ですね。
なにせミラーレス機は外に持ち出したいカメラなのですから。
両機とも背面モニターがチルトアップするけど、これ、タテ位置の時は意味ない。これも動画本意な設計だからか。

a0161527_09194315.jpg
ディル
EOS 6D 100/2.8macro

Olympus機はつい最近気になり始めました。
今まで、フォーサーズと言う規格が今イチ自分の中に引っ掛からなかった事と昔オリンパスOM-1やOM-2を使ったときに操作には慣れたけど快適な操作性ではなかった事で興味がなかったのです。
が、相変わらず無骨な無駄を省いた佇まいと価格に気付き、自分ミラーレス総選挙においてランキング急上昇。
カメラの性能に求めるもの以外に、好きなデザインかどうかも大変重要なポイントですね。
OM-D E-M5 MarkⅡは高い防塵防滴性能と連射速度、小さな高性能フラッシュ同梱、そして外部フラッシュ端子の搭載。
今時珍しいではないですか?
フラッシュ端子はあまり使われない機能なので一部のプロユース機以外は省かれること間違い無し。これをあえて搭載。
惚れてしまいました。
現在ストロボ撮影時はラジオスレーブや赤外線スレーブを使っていますが、送受信機のまさかのバッテリー切れや不具合など、こうしたアナログな機能を有している事がそういった不安を払拭してくれます。
デジタル撮影に移行して以来、現場のケーブル類は邪魔のひと言につきますが、最悪の結末「撮影出来ない」と言う結果は仕事上あってはならないのです。
高感度性能やセンサーサイズに若干不安はあるけどもカメラ本体は上出来。
家電メーカーのPanasonicやSonyのカメラで撮影するよりクライアントには不安は抱かせないかもしれない。

ただどの機種も気になるのは製品カタログにCGが多用されている事。「心に響く一枚」「圧倒的な描写性能」「基本的な事を極めてこその本物だから」なんて謳っているけど、それをぬくもりを一切感じないCGで表現するってどう言う意図だろうか。
それとSonyの販売員の言う「静止画」って表現がしっくりこない。これは家電メーカー故か?
5軸手振れ補正機能は有り難い限り。動画機能は必要ない。ハイレゾは遊んでみたい。実写出来るものなら是非してみたい。

と、しばらくは悩み続けるのです。物欲と闘いながら。















[PR]
by BELLPHOTO | 2015-06-22 22:00 | Comments(0)
父の日
a0161527_15392051.jpg
Pan! PaPan!
クラッカーがなりました。
今日は父の日と言う事で何故かお祝いムード。
サワがカレーライスを作ってくれました。
写真はクラッカーから出た紙テープを頭にのせて遊ばれている図です。
a0161527_15392117.jpg
部屋の小さなデスクで事務仕事なんかしていると台所から妻とサワの話し声。夕飯の支度をしながら、なにやらおしゃべりしているのだろう。それをBGMにこちらも仕事を進める、この上ない幸せですね。
家に帰ると夕飯の支度の音と匂い。小さな頃の淡い夢。











[PR]
by BELLPHOTO | 2015-06-21 23:38 | Comments(0)
日々0619
a0161527_00145081.jpg
今日は車の点検日。待ち時間は店内にて事務処理をしました。とても静かな環境で仕事はスイスイ。さらにコーヒー・コーラ・リアルゴールドなど飲み放題。オフィスとしては最高の環境でした。
a0161527_00145023.jpg
2杯めのコーヒーは「(砂糖)少なめ・(クリーム)少なめ・(コーヒー)濃いめ」と、家系ラーメンの様に注文してみました。ミルクコーヒーを飲んだのは何ヶ月ぶり?
そして、早いものでウチのはあと半年で車検を迎えるようです。
a0161527_00145026.jpg
点検も終わり。今日は雨が降っていましたが洗車までしてくれました。車内もスッキリ!
外の様子を伺うと窓辺に雑誌、集英社「MORE」を見つけました。MOREでは何年も仕事してないけどnon.noの連載でお世話になった佐藤ありさちゃんは最近MOREに登場してますね。またどこかで会えるかな?

さてさて、ひとまず落ち着いたような。
でも決してそうではない事、解っています。現在進行形だもの。
でもまずは一歩ずつ進もう。
選択肢の中からどれか一つを選ぶ場合、必ず「たられば」を言いたくなる時が来るもの。でも今の判断は現段階ではベストなのであって間違った選択ではないはず。自信を持って行こう、いつだってベストは尽くしている。
無理しないように無理しよう!












[PR]
by BELLPHOTO | 2015-06-19 23:14 | Comments(0)
日々0615
a0161527_09045170.jpg
小学5年生のサワは今日から川場移動教室です。ワクワク楽しそうに出かけましたが、おっちょこちょいなサワに親としては不安大。現地の天候はあまり良くない予報だけど、今日はマスの掴みどりなんかを体験する予定。山登り、キャンプファイヤー、ナイトハイク、飯ごう炊飯…身体がちぎれる程笑って、枯れる程歩いて、無事帰って来たらお土産話を聴かせておくれ。おいしい夕飯作って待っているよ。

小学生としてひとつ1つ大きな行事が終わって行く寂しさと徐々に逞しくなる(女子だけど)嬉しさと。

a0161527_09045106.jpg
a0161527_09045129.jpg
RICOH GR
牟礼の里公園までジョギングコースをネットロケハン。往復3.6キロ。今日はお散歩気分で新しいコースに挑戦しました。ジョギングのお供はRICOH GR。適当なウェイト見たいな感じ。
走り始め、身体がかたい感じがして今日は無理をしないようにと進んでいました。
やがて牟礼の里公園に着。
入り口が見当たらない。
どうしようかと考えるでもなく脇を通過するとすぐに玉川、越えると井の頭公園でした。こうなったら、えい!行ってしまえ!。帰りは歩く覚悟で井の頭公園を時計回りに引き返し、なんだかんだで走破。距離7.2キロ、52分。いきなり延ばしすぎた感じなのでやはり5キロぐらいで今月は過ごそうと思います。目標は「楽しく井の頭公園周遊コース」











[PR]
by BELLPHOTO | 2015-06-15 09:01 | Comments(0)