料理写真撮影研究家・料理からインテリア建築まで・ライフスタイルフォトグラファー 山下コウ太のダイアリー 毎日更新が目標です!
by BELLPHOTO
カテゴリ
全体
撮影
機材
ライティングセット
撮影会
出版物
モーニング
ランチ
写真会議
サパー
参考書
頂き物
写真教室
バケツ田んぼ通信
ひとり写真会議
プライベート
未分類
最新のコメント
へへへさん モニターで..
by BELLPHOTO at 09:49
おおおお! 感動 あれを..
by へへへ at 10:04
ZAM20F2さん こ..
by BELLPHOTO at 10:03
はじめまして。「似ている..
by ZAM20F2 at 07:57
An incredibl..
by sacs longchamp at 10:21
いい日記だなー
by オフィスカドゥル at 10:18
tannsuikabut..
by BELLPHOTO at 09:33
パンいちー!
by tansuikabutuno1 at 16:09
☆SMZさん そうですね..
by BELLPHOTO at 23:00
こんばんは、そろそろ個人..
by SMZ at 23:25
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
検索
タグ
(175)
(86)
(72)
(36)
(28)
(26)
(21)
(21)
(17)
(10)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
フォロー中のブログ
a point of ...
料理研究家 今泉久美の山...
kota yamashi...
*ぷるはあと*
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ライティングセット( 9 )
ライティング確認
a0161527_01366.jpg



バックからトレペ越し傘バンとトップのフレームアウトギリギリにオクタ。懐かしいライト構成をストロボに置き換えてみた。











_
[PR]
by BELLPHOTO | 2016-03-09 23:01 | ライティングセット | Comments(0)
スタンドの話で
a0161527_23564066.jpg

どうしても手持ちの量では足りない案件があって急遽買いそろえたサンテックのスタンド。レンタルとかセットショップで中古品とかもあったのだけど、どうせならばと値段だけで選んで買ってしまいました。ので使い勝手は二の次でした。
ダボが上から横からと使えるのが売りだと言っていましたがその意味が分からずでしたが今日初めてその恩恵を受けました。

a0161527_00054202.jpg
こんな風にヘッドを2台上下に使う時にダボの横穴を使えばきれいに縦に並べられるのです。
今まではオートポールに上下に2台をスーパークランプでかましていました。
エアークッションも備わっていてかなりのコスパなのだけど、エアークッションは片付ける時には邪魔になります。なにせすぐに折り畳めないのだから。

a0161527_00101760.jpg
で、最近のお気に入りはマンフロットのバタフライスタンド。少々重くて価格も割高だけども室内での撮影には便利この上無い。縮長が短いので小振りなスタンドケースの入れたり、地方取材でスーツケースに入れる際にもすっぽり。もうひとつは掟破りだが足を小さく開いて狭い場所へのフラッシュのし込み等には超便利♬

a0161527_00170071.jpg
と、今日は素人さんは全く興味の湧かない、撮影機材の話でした。












[PR]
by BELLPHOTO | 2015-12-10 23:56 | ライティングセット | Comments(0)
結局現場ではマニュアル操作が確実で早いのである。
a0161527_00070519.jpg
Cヤノン社のクリップオンストロボを思い切ってNISSINの「i40」に換えてしまいました。
今日は4戦目、使用感をリポートしておこうと思います。
a0161527_00101394.jpg
まずは特徴的な小さなボディ。
単3電池4本で駆動。
バッテリーボックスの蓋を開けて驚き、ボディ下部は電池を収納するスペース以外には何も無い。
発光部はほとんどのメーカーはただの箱状態なのだけども、しっかりと部材が詰まった感じの重量感。
これが連続発光で帯びる熱の影響が出るか出ないか?Cヤノンの580EXⅡは加熱により作動しなくなる事がよくあったものだからここは気になる。
操作系は2つのダイヤルだけ、と実にシンプル。
マニュアル使いにはとても明瞭でありがたいデザインですね。
a0161527_00460871.jpg
a0161527_00151049.jpg
マニュアル操作部では1/256まで調光出来ることが嬉しい。フラッシュ撮影だって背景をボヤカしたい時もあるのだ。
a0161527_00182732.jpg
LEDライトが内蔵されてはいるが、実際には撮影に使えるレベルでは無いように思います。
色温度は良好(写真では青いけど)5400kぐらいで少しM。4台ぐらい並べれば、たとえば取材時ホテルの一室で小さなブツ撮りぐらいは出来そう?
チャージ速度はフル発光で2秒ぐらい。580EXⅡと同等か?
a0161527_00472161.jpg
首振りも問題ない可動域の広さ。ただ、小型化ゆえか可動部の華奢な感じは不安です。
カメラボディからは3グループまでは光量の調節が可能ですがコマンダーを付けたカメラが格好悪いし近接撮影には向かないので、コマンダーの不便ささえクリア出来ればさらに現場での対応力も上がるかもしれないな。
しかしCOMETのトランスミッターを使えばどこのカメラでも使用可能なシステムなので、僕みたいな複数台持ちにはたいへん有り難い。
そして価格の安さも大切です。何しろカメラ含む機材は全て消耗品なのです。だからひとつひとつは安いにこした事は無いのです。













[PR]
by BELLPHOTO | 2015-09-02 23:05 | ライティングセット | Comments(0)
今日の記録
a0161527_00264005.jpg

どんなセットを組んだのか?の記録なんだけども、ブログにのせる写真は実際のセットとは違う。
結局のところ、料理写真に限らない話だけどジャンル問わず全てのライティングは被写体によって変わるもの。写真撮影はいつでもオートクチュールなのです。

撮影仕事は経験を重ねると機材が徐々に減って行きます(見せつけの為に増やす事はあっても)
経験の無いジャンルの撮影では万が一の為にと色々機材を用意しがちだと思います。それで得る安心もありますが、そもそも撮影自体の経験が無いので使いこなせるはずもない。経験があればこそわかる必要の無さ。これって戦争した事無い人が武装したがって、戦争経験者は武器を捨てろと言っているのと似ているかしら?


















[PR]
by BELLPHOTO | 2015-07-28 23:26 | ライティングセット | Comments(0)
記録
a0161527_15572680.jpg
サササッと機材を組み立て。

ルーセントアンブレラの使い方、個人的には難しく感じるのだけど被写体との距離を作らないでこうして囲うと良いと思っております。レフも省略出来る。
発光部に細工をして3種類の光質を作れるように準備。それにルーセントがあれば大概の撮影はなんとかなります、突然「冬っぽく」って言われなければ。

持っているキヤノンのシステムではチョっとした調光が面倒なので、本当は携帯バッテリーとモノブロックでやりたいと思っています。しかし設備投資までいろいろ回らないのが現状です。もっと沢山取材撮影があれば考えたいです。

そして昨日決めたカメラバッグ内の機材格納位置、撮影のあとに嬉しいお土産を頂きそれをしまうのに位置替え。結局は役に立たないバミリとなりましたとさ。













[PR]
by BELLPHOTO | 2015-03-25 15:57 | ライティングセット | Comments(0)
機材の確認
a0161527_10170325.jpg
フラッシュを傘バンで使う際、気になっていたのが傘の中心と発光部がずれている事。
今日は週末の撮影の為に少し考えて工夫してみた。
引き出しから小さめのL字ブラケットを探して作ってみた。
名案だと思ったけど思った程見た目に差がなくて感動薄。
発光部と傘の距離が延びればあまり関係ないのかな?と。

次は拡散性。
左からノーマル、拡散板、エツミのフラッシュディフューザー。
a0161527_10224748.jpg
付属の拡散板もまずまず、さすがディフューザーは綺麗に広がっています。
ただ、この場合広がるのが良いのかどうかよりも、より円形に広がるか。そこが重要です。
元々が四角い発光部なので完全にはならない。
インスタント機材なので「ある程度」と割り切って使う事も大切です。

こういう事って頭の中ではわかっているのだけど、たまに実験してみるのは大切な事ですね。
現場でその都度メーターで測ってあれこれ… なんてもたついてられないですものね。












[PR]
by BELLPHOTO | 2014-11-25 23:16 | ライティングセット | Comments(0)
久しぶりにセット組んだりして
a0161527_17137100.jpg

左右のボックスで色温度の差が大きかった。
色合いは3機とも±1以内なので問題無し。
[PR]
by BELLPHOTO | 2012-03-23 17:12 | ライティングセット | Comments(0)
ライティングについて
a0161527_22563394.jpg
結局のところ「何を撮るのか」ではない。
人もお料理も雑貨もペットも、レリーズまでのアプローチは皆同じ。

香り、声、ぬくもり、できたて、湯気、音
写真はそれら三次元の魅力を二次元に閉じ込める行為

あぁ 何だか難しくなってしまった…
[PR]
by bellphoto | 2011-04-08 22:44 | ライティングセット | Comments(0)
美の追求
a0161527_15444779.jpg
「美しい」とか「格好いい」とか「おいしそう」とか「迫力」とか写真に求められる価値って結構あって、それを追求していこうとすると「あのライトを…」や「こっちからも」とかさらに「もう一発」なんて具合に要素が増えて行く。すると結局それぞれがあまり意味の無いものになってしまうのではないか。
と思ったりする。そんなことなんでもっとシンプルにモノを見たいなぁと常に思っている。

今日のお弁当もシンプルに撮影。「食べて美人になる」って言うからお弁当も美人に写し撮らなくてはならない。
ならばと、ライティングのセットも美しくシンメトリックに配置。
「ライティングのセットが美しいとキレイに写る」って根拠も保証も無いけどね。

しかし今年はお弁当撮影の依頼が多いなぁ。来月も2本。
[PR]
by bellphoto | 2011-02-25 22:42 | ライティングセット | Comments(0)